ここではクリティアの水についてこのページでは解説します。

 

クリティアの水はかなりこだわって生産していだけあっておいしいです。
のどごしは、うっすらとした甘みを感じられて、舌にかかった感覚もクセがなく、丸みを感じさせるような味です。

 

 

 

 

○どこで作られているのか

 

富士山の山ろくの900m付近の工場で作られています。

 

 

現在私たちが飲んでいる水は、60年前に降った雨水とのことです。

 

60年くらい前に富士山にふった雨が、地下水となり
じっくり地表の中でミネラルを含んで磨かれた状態になった水を

 

200mの地下からくみ上げてボトルにつめて宅配しています。

 

下は工場の様子をうつしたYOUTUBEの動画になります。
動画が流れて2分くらいのところで作られている工場の様子が流れます。

 

 

 

○水の処理は「非加熱」

 

クリティアの水は、水のおいしさを保つために「非加熱処理」で宅配しています。
天然水に熱をくわえると、ミネラルなどが損なわれておいしさが失われます。

 

そうならないために「おいしさと安全」を両立しながら手間をかけて水を作っています。

 

味を損なわない殺菌を加熱せずにおこない、10回以上の厳しい品質検査をへて
安全な状態で届けています。

 

○またクリティアは、プレミアムウォーターという会社にも、水のOEM供給をおこなっています。

 

→「クリティアの公式サイト」はこちら