アルピナウォーターの解約の手続きを解説します。 サーバーは下の画像のように販売会社のトーエルの担当の人が引き取りに来てくれます。



解約の手続きはお客様サポートに電話をします。「やめたいのですけど..」と言えば、何かアルピナの人から嫌なことを言われることもなく、問題なく契約をやめることができます。
空になったボトルとサーバーを集めておきます。



準備して待っていると、約束の時間に取りに来てくれます。



ただし1年以内にやめると解約料金の5000円がかかりますので、そこは注意をしておきましょう。

またすぐにサーバーを返さないといけないわけでなく、 レンタル料金の月に600円を支払っておけば、ボトルの水がなくなったタイミングで来てもらうことができます。

解約したい、と一度言ってしまえば、そこから水は定期配送がなくなりますので、 安心して残ったボトルの水をすべて飲むことに集中できます。

サーバーの返却でトーエルの人が取りに来るのは、

いつの曜日でも対応は可能というわけではなく 自分の水が宅配される曜日(私の場合は、水曜日か土曜日でした)になります。

●アルピナウォーターの空のボトルの管理は清潔な印象をもてた

たまたま家の近所に買い物していたら、アルピナの水のボトルを回収しているトラックを見つけました。トーエルのトラックで、ボトルはどんな風に回収しているのだろうと思って、ちょっとだけ見てみました。





ボトルは、専用の棚に分けて1つずつ意外にきれいに置いているのが分かりました。

下もたまたま外出していた時に見つけた谷原章介さんのCMでやってる「アクアクララ」の ボトルを回収している車ですが、

工事現場にでも行くような汚いワゴン車に、ボトルを雑に並べているのと くらべると、アルピナはボトルをきちんと管理しているような印象がもてました。





→「アルピナの公式サイト」はこちら