アルピナウォーターの水は、生まれたばかりの赤ちゃんや幼児の子供、
または粉ミルクをとかすお湯に使っても大丈夫なのでしょうか?

答えは問題ありません。アルピナはかなり適していると言えます。



理由はアルピナの水が

(1)長野県の北アルプスの天然水を、ちりやほこりをろ過する特殊なRO膜の機械を使って  真水(まみず:純水)にしている点

(2)水の硬度は1.05と、超軟水である点

にあります。

(1)はアルピナとおなじ、ろ過した水のタイプを取り扱う業者は
有名なところで、クリクラやアクアクララがあります。

こちらはアルピナの天然水と違い両社とも実は「工場の近くの水道水」を原料にしています。

おなじろ過した水でも、アルピナは「北アルプスの天然水」で作っているので、 ここに違いがあります。

水道水は、普通に飲まれるくらいですし、クリクラやアクアクララでは毎月 放射能検査もしていますので基本的には問題はないですが、
震災の後に、水道水にセシウムやヨウ素が検出されたこともあったので
あの時のニュースを聞くと、気分的には少し..という感じもします。

アルピナは、長野県のアルプスの天然水を原料にしていますので
安全度にこだわる人にはポイントが高いです。

(2)

赤ちゃんのミルクに使う水は、硬度を気にする必要があります。
100以下であれば、基本的には問題ありません。

スーパーやコンビニの棚に並んでいる硬水のミネラルウォーターは硬度が高く
これでミルクは作らない方がいいです。

アルピナの水の硬度は、1.05とすごく低い「超軟水」に仕上がっています。
赤ちゃんにも安心して使用できます。

→「アルピナの詳細」はこちら