アクアクララでは高機能なサーバーのタイプのアクアアドバンスを出しました。

私はこのタイプより1つ古いサーバーを使用していますが
概要とメリット・デメリットを利用者の視点でまとめたいと思います。



古いタイプと変わった点は以下になります。

1.電気代が3分の1になった

2.水に入る雑菌をおさえる機能を追加、前より衛生的になった

3.ボタンで水やお湯を出せるようになった

4.デザインのカラーのバリエーションが増えた

5.省エネモードの時間設定がボタンでできるようになった

6.お湯が85度になるように再加熱機能がついたボタンを追加

という点になります。
利用者の声をいかして改良したサーバーになります。

数社ウォーターサーバーを使用した経験がある私がいいな、と思うのは2と3と4になります。

3については、お湯を押すときによく感じてましたが、
古いタイプのものだと、チャイルドロックをはずしながらお湯を押すと片方の手がふさがっている時は 少し押しづらさを感じていましたが、

ワンタッチのボタンであれば、そういうことなくなります。


↓グレードアップ



2については、アクアクララは、水を入れた後にボトルからゴボゴボと音が鳴るのですが

これは水のボトルに空気を入れながら、サーバーのタンクへ水を送り出してい て
目に見えないほこりやゴミがまっている空気が、飲み水に入るのは、どうかなと思っていました。

それが解消しました。蛇口の部分は菌ができにくいもので作り 菌を殺したきれいな状態だと、ランプがつきます。

4はサーバーの色の種類が8つに増えて選べるようになりました。



デメリットは電気代が節約する点をうたっていますが、トータルコストはあまり変わらない点です。

1の電気代はたしかに、エコ機能がついて3分の1になって毎月かかる料金が 350円程度になっていいのですが、

サーバーレンタル料金が、1050円から1575円に500円上がっているので

電気代が安くなってもほとんど毎月の料金は変わらない点はデメリットに感じます。
(*水のボトルの料金は1260円で変わらず)

料金面は気にせず、サーバーの機能がグレードアップしたのを使いたい という人に向いたものといえます。
ユーザーの声を聞いて作ったかゆいところに手が届くサーバーと言えると思います。

→「アクアクララ」はこちら