フレシャスの水の交換の仕方を画像付きで解説します。
ビニールの水はなくなると、けっこう小さくなります



クリクラなどとちがって、水が入っているのはボトルでなく、ビニールなので
持ち上げてもすごく軽く、ごみに捨てるのも楽ですね。



ビニールをサーバーからはずして、空のビニールから、くっついている
ニードルパックをはずします。ぱかっと開ければいいので難しくないです。



それができたら最初の設置と同じように、新しい水が入ったビニールと
ニードルパックを取り付けます。



それをさらにサーバーにセットすれば完了です。所要時間は5分程度かかります。


●フレシャスの料金

フレシャスを設置した場合にかかる料金をまとめます。

<フレシャスの料金>
水の料金

    1100円(7リットルタイプ)
     850円(4.5リットルタイプ)

       

  例
    1回の注文 4400円=1100円×4本(最低注文数は4本)

サーバーレンタル料金       なし
電気代     およそ630円(エコモードタイプ:管理人が検証)

フレシャスの水は、他の業者より値段が高いと思われる人もいるかと思いますが、
1リットル当たりの水は 157円で天然水の他の業者と大差はありません。

(*コスモウォーター=1Lあたり154円 クリティア=1Lあたり148.75円)

水の1回あたりにかかる注文が4個分買わないといけないので、4400円になります。

フレシャスは7リットルのビニール4個(1個1100円×4個=4400円)が最低の注文数になります。

ビニールが1つ当たり7リットルになっていて量が少ないので、4本注文する形になります。
(他の業者は12リットルが多く、2本単位の最低注文本数が多い)

少し高い感じがしますが、水の注文のストップは2か月止めておけるので
(他の水サーバー業者のストップ期間は1か月が多い)60日で見れば、こちらも
払わないといけないお金は差が縮まります。

→「フレシャスの公式サイト」はこちら