フレシャスの設置について使った管理人が画像つきで説明します。



まずフレシャスはサーバー業者の人が来てくれるのでなく、自分で組み立てをおこなうタイプの業者になります。 サーバーは佐川急便の人が持ってきてくれます。



コスモウォーターなど他の業者より、コンセントをただ差し込んで終わり ではないので、設置するのがめんどくさかったですが、

説明書や動画マニュアルもついているので
 

自分でも問題なくできます。所要時間は25分程度でしょうか。 わからなければフリーダイヤルのサポートで聞くこともできます。

水のボトルとは別に段ボールが2個ついてきます。 下がサーバー部分、上が水のボトルとサーバーの接続部分の部品が入っています。



上の段ボールを開けると、ニードルアダプターという部品が入ってました。



下の段ボールを空けると、サーバー部分が入っています。 クリクラやアクアクララより20センチくらい小さいのでコンパクトな感じがします。

まずは水のボトル部分を組み立てます。 まずはサーバーの上にプラスチックの部分をのせます。



次にニードルアダプターという水漏れを防ぐ部分と水のビニールの取り付けです。 引っ張るとかぱっと開くようになっています



それを水とくっつけます。 水が入っている段ボールを開けると水が入っています。 フレシャスはボトルでなく、ビニールの中に天然水が入っています。


次に水の衛生シールをはがします



それに先ほどのニードルアダプターをくっつけます。

 

さらにロックがかかるまで、白い部分を回します。 ここできちんとロックをかけないと、水漏れの原因になるので注意が必要です。



きちんとロックをかけると水は落ちてきません



サーバーの上の部分をセッティングして



今度はサーバーと水をくっつけます。

  

ふたを閉めて組み立ては終わりです。



次にコンセントの接続です。 コンセントをつなぐ前に、お湯の蛇口からきちんと水がでるか確認します
そうしないと空焚きになってしまうので注意です。



出るのが大丈夫でしたら、コンセントを差し込みます。


そして後ろにある、お湯を温めるようにできるスイッチと、エコモードのスイッチを押します。



そうすると冷蔵庫くらいの音が鳴り始めて、水とお湯のランプがつきますので これで完了です。
お湯は初期設定で温まるまで30〜40分程度かかるようです。

→「フレシャスの公式サイト」はこちら