フレシャスの電気代を解説

フレシャスの導入を検討している人はどのくらいの電気代になるのか気になるところです。

フレシャスは通常のサーバーは、電気代が1000円前後かかりますが、エコモードという省エネ機能が搭載されているサーバーだと30%の電力が節約できます。それだと毎月700円くらいになります。
下の画像はランプの部分の画像で(一番左のオレンジがお湯のランプ、右側の緑が水のランプ)



エコモードが動くと、左側のお湯のランプが、緑色に変化します。



夜寝ているときなど、ウォーターサーバーでお湯を利用していない時間に、
真ん中がセンサーになっていて、部屋の暗さを検知して、お湯の電力量をおさえてくれる仕組みになっています。

ためしにセンサーを手で隠してみると、エコモードが動いて、オレンジが緑のランプになります。







私はエコモード搭載のサーバーなので実際に電気料金を計測器で検証してみました。
使ったのは、サンワの検知器です。1日あたりの電気代をはかることができます。



これをフレシャスの電源に差し込んで、コンセントに入れます
しばらく時間をおいて電気料金がどのくらいに変化したか見てみます
そうすると



1日あたり21.01円→1か月に直すと21.01×30日=630.3円になりました。 

検証した結果、エコサーバーは1000円の30%削減した料金、700円くらいと言われていたので、 630円という数字なので合っていました。

他には電気代を1番おさえたサーバーのタイプはキャリオという小型のもので
こちらは70%節約で、1か月で300円前後になります。



お湯は出ずに、冷えた水しか出ないのでまったくお湯を使わない、という人には良いタイプになるでしょう。

→「フレシャスの公式サイト」はこちら