コスモウォーターは微粒子物質のpm2.5に対して、大丈夫なのでしょうか?

コスモウォーターに問い合わせて確認したところ、公式見解として「楽らくサーバーはpm2.5の影響はない」と言われました。

 

コスモウォーターの楽らくサーバーは、「クリーンエアシステム」という外の空気をクリーンにして、きれいな水が飲めるシステムを採用しているためpm2.5の影響を与えないようになっています。



なぜならクリーンエアシステムのフィルタは、小さな空気中の物質0.3ミクロン程度の大きさは95%程度除去します。

一方pm2.5の大きさは2.5ミクロンです。上のサーバーが9割以上除去する大きさ0.3ミクロンの、8倍程度の大きさにpm2.5はなっており、かなり大きいのが分かります。

pm2.5よりもっと小さな物質の大半を除去している高性能のフィルタであり、何倍も大きいpm2.5のような大きさの物質は通さないようになっています。

・pm2.5の大きさ →2.5ミクロン

・クリーンエアシステムのフィルタ→0.3ミクロン程度のものを95%まで除去

さらにコスモウォーターの天然水を考えますと、天然水というのは、30年・40年も 前の雨水が地上に落ちて長い年月をかけて地下にたまったものです。

自宅に届く水は、今の雨水というより、何十年も前の地下の水を飲んでいるといった方が正しいです。 そのくらい前の時代には、pm2.5のニュースのような騒ぎがなかったですし

たとえ天然水の中に入ったとしても、サーバーのクリーンエアシステムが除去してくれます。

このような理由から「コスモウォーターはpm2.5には影響は受けない」といえます。 気になった人は安心ください。

→「今だけキャンペーン!公式サイト」はこちら