水を出すまでのウォーターサーバーの設定は、他社のように、全部やってくれる担当の人が来てくれるのでなく 少しめんどうですが自分で行わないといけません。ですがくわしい説明書はあるので、問題なくできます。

機械音痴の私でも10分程度でできました。



コスモウォーターは、サーバーと水のボトルは別々に届きます。 サーバーはヤマトの人が来て、水は佐川の人が届けてくれました。



サーバーは重たいので、部屋の自分が置きたい場所までは、ヤマトの人が置いてくれました↓



水のボトルは、2本が必ず買わないといけない最低注文数の部分で、 もう2本が初回のキャンペーンでサービスしてくれたもので、合計4本届きました。

まずは箱から水のボトルを出します。開けると下のようになっています。↓



ボトルの水の出し口にあるシールをはがします。↓



次にボトルをサーバーに設定するための作業です。

中央にある赤いOPENというボタンを上にあげながら 下にある取っ手部分の引いて、水を入れる引き出しを開けます。↓





コスモウォーターのサーバーは、アクアクララやクリクラなどでよく見る、ボトルが上にあって ボコボコなるようなタイプでなく、

水のボトルを下に入れるタイプなので、見た目もオシャレだし 1メートルほどボトルを持ち上げる必要もないので、重いものを持つのが苦手な女性でも 楽に設定できます。

引き出しを開けたら、中央のキャップをはずします。↓



次にボトルとサーバーをくっつける作業です。ボトルを持ち上げます。少し重たいです。



それを先ほどキャップをはがしたボトルを入れる引き出しに差し込みます。 垂直になるように傾かせないで差し込みます。





ボトルとサーバーの結合部分が入っているかどうかを確認して↓ 大丈夫だったら、引き出しを閉じます。

最後にコンセントを電源に差し込みます。



これで終了です。差し込むと電気が入って水を冷やし始め お湯を暖かめ始めます。赤と青のランプが光り始めます。 ウーと音も鳴ります。



説明書がついていてその手順通りやればいいので、 難しくなく取り付けができました。



→「コスモウォーターの公式サイト」はこちら