赤ちゃんというと、第一に考えてほしいのが、大人とは違うことで、
体の構造が全て出来上がってなく発展途上にあるという事です


生まれたばかりの赤ちゃんは母乳とミルクしか飲むことができません。

このことは、大人と同じように食べ物は一切に口にできないということで、
それは消化器官が未発達だからです。

また、運動能力、人間としての能力も全て勉強の日々、約1年間かけて、
人間らしく歩き、しゃべり、食べることができるようになります。

そこで水と赤ちゃんの関係というと、
母乳の方はしばらく赤ちゃんがお水に触れることはありませんが、
ミルクで育てている方は必ず軟水で作るようにしましょう。

日本の水道水はほとんど軟水ですから問題がありませんが、
絶対にそのまままでミルクを作ることは厳禁です。

おいしくないから?ではありません。
殺菌目的の塩素やその他の薬品は、
赤ちゃんの未発達な内臓には消化しきれないのです。

硬水ではダメ?というのは、
大人に必要なミネラル分が赤ちゃんには一切必要ないということが
言えます。

ですから、水道水ではなく
ミネラルウォーターやウォーターサーバーを使うことをおススメします。

仕方なく水道水の場合は必ず煮沸をしてから使うようにすることです。
それも赤ちゃんの様子を見ながらです。