水には軟水と硬水という種類があります

この違いは、マグネシウムとカルシウムの量ですが、
この量のことを一般に硬度と表現します。

日本での単位はppmを使用します。
軟水はこの硬度が低く、0〜120ppm。
硬水と言われるものは、120ppm以上のものを指します。

ちなみに日本の水は一般に軟水と言われています。

特徴としては、

●軟水
口当たりがまろやかで、飲みやすいです。
食べ物の素材の良さを引き出すのが得意で、
コーヒーやお茶などの味を壊すことがありません

体内への浸透も早く、吸収も良く老廃物の排出が上手く行きます。
デリケートな体質の方、赤ちゃんにも安心して与えられます
石けんや洗剤の泡立ちも良いですから、
普段の生活使いにも適しています。


●硬水
健康のためという面で、
便秘解消、カルシウム補給、ダイエットなどに向いています。
サプリメントとまではいきませんが、普段から硬水のミネラルウォーターを
愛用している方も多くいらっしゃいます。

軟水のように誰にでも適用というわけにはいかなくて、
特に胃腸が弱い方、抵抗力の低い方には不向きだとされています。
もちろん生まれた時から硬水という方は別です。

料理に使う時、パスタや洋風料理には味にコクが出るのですが、
日本人の主食であるコメとの相性はあまり良くないようです。
石けんの泡立ちが悪いということも言われています。


それぞれの特徴がある軟水と硬水ですが、
料理や目的によって使い分けるのが良いかもしれません。

ちなみに、日本の水道水から出てくるのは軟水ですし、
店頭で売られているミネラルウォーターの大半が軟水です。