ミネラルウォーターも水道水も、正しい水の飲み方があります
と言っても、飲みたいときに飲むのが、人間としてウレシイのは確か
ですが、より効果的な飲み方があります

1日の流れから見ると、起床時、入浴前後、就寝前が大原則です。
あとは、もちろん汗をかいた時も必然的に飲むことになります。

人間は寝ている間にコップ一杯前後の汗をかくと言われています。

このことはあまり意識をしないことですが起きた時に体内に水分がない
状態にあり、一番影響があるのは血液です。
いわゆるどろどろ血液になっている状態で目覚めるのです。

ですから、ここでコップ一杯の水は、
脳梗塞や心筋梗塞予防にもなりますし、
あえて冷たいお水を飲むことで便秘解消にもなると言われています。

便秘以外の時の水は、少しぬるいくらいの方が良いと言われます。
特に高齢の方は気をつけてください。

入浴前後というのは、必ず汗をかくことは分かっていますから、
出る汗を計算して飲むことです。

汗を出し過ぎて、利尿作用に支障が出ることもあります。
入浴後はビールを飲みたいところですが、ここはお水が効果的です。

寝る前のお水は、夜中にトイレに立つのが嫌という方もいますが、
血液循環と汗をかくことを考えれば、
出来ればコップ一杯程度のお水は欲しいところです。

特に高齢者の方の就寝前と起床時の水分補給は、
健康のために必ず摂ってほしいお水です。

また、意外だと思われるものに、
のどが渇く前に飲むということも効果的です。

いずれもたくさんの水を一度に飲むのではなく、
ぬるめの水を少しずつ飲むのがポイントです。