水道水がおいしくない原因の塩素は、
実は食中毒の予防になっているということも言われています


これは、塩素の殺菌力によるもので、食中毒を起こす細菌や雑菌を
なくして、水道水として出てくる、という事です。

日本以外の国の水道は、
日本人は飲んではお腹を壊すとよく言われます。

海外旅行先では絶対に水道水を口にしないでくださいというのは、
塩素による殺菌能力が低いからだということも言えます。

こうした日本のおいしくないお水は、
安全な水として小さなお子さんでも安心して飲めます

では、おいしいミネラルウォーターは?ということになると、
実は水道水よりも安全性の上では劣ると言われています。

と言うのは、“生のおいしさ”を出すために、細菌などがそのまま入って
いる事は当然で、もちろん塩素で消毒などは一切していないものです。

安全、食中毒予防という面においては
水道水が塩素のおかげで安心して飲めるものだということになります。

また、別のメリットとしては経済的と言うことも挙げられます。

ミネラルウォーターはオイシイですし、
最近は値段も安くなっているとは言え、水道水よりはずっと割高です。

経済的で安全、でもおいしくないという水道水ですが、
やはり使い方、おいしく飲めるように工夫をすることでしょう。

全ての飲み水を水道水ではないという日本人の方は少ないと思いますが
安全面において世界でも類を見ないということは言えそうです。