水サーバーの比較とおすすめ

原水から水道水になるまでは、
必ず塩素によって消毒されることになります


これは、日本の法律で上水道の殺菌には塩素が使われることに
なっていますから、当然のように殺菌されるまで塩素を投入しています。

殺菌ですから、体に有害な菌はなくなっているわけですが、
きわめて安全な水道水ということになりますが、
実はこの塩素の量が多ければ多いほどおいしくない、まずい水道水
になってしまうのです。

この塩素処理は今の日本では原則2回行われている
言われています。

1回目は、原水から取り込み貯水している槽に入れます。

原水ですから、何がいるかわかりません。
プランクトンやアンモニアなどがいるのは当たり前ですから、
当然のように塩素で消毒殺菌してしまいます。

2回目は、
浄水された水が浄水場から家庭までに配水される時に投入されます。
キレイになったお水を家庭により安全に届けられることができるように
なりました。

その基準としては、0.1ppm(遊離塩素濃度)以上と定められています。

ところが、原水を殺菌できる安全なはずの塩素ですが、
発がん性物資との関係で問題になっている事実があります。

日本では、原水の浄化に塩素以外の方法もしていますが、
必ず最後は塩素消毒が義務付けられています

しかし、今後はそのこともだんだんと見直されていく傾向にある
ということのようです。