水は人間の体の半分以上占める大切なものです。
良いお水を取ることは、健康に良いというのは当たり前のこと
ですが、良いお水とはどんなものでしょう?


海外の水道水を飲むとお腹を壊す場合がありますが、
これは絶対に良いお水とは言えません。

お腹を壊さないということは菌が入っていないことです。
また、体に有害な物質などが含まれていないことも大切です。

ミネラルウォーターは体に良いものですが、
ミネラル分が極端に多いものはかえってマイナスです。
硬度が高いという表現をします。

また、酸素を多く含んでいる、
沸騰させたお湯も酸素が多く入り過ぎて良い水とは言えません

よって、軟水のミネラルウォーターが良い水と言うことになります。

このように普段から良い水を摂る習慣をつけることで、健康体になるの
ですが、水は体内でどんな働きをしているのでしょう?

●体内の老廃物をスムーズ体外に出す働き
●食べ物を水溶液に変える時に使われます。
このようにして人間はエネルギーを得ています。
●蒸発をして体温調節を行っています。
●神経への伝達作用の時に水分が必要で、
リラックスさせてくれます。
●体内循環をして栄養を運んでいます。
もちろん血液のもとにもなります。

こうした働きのために必要に水分ですから、
体に良い水を飲むことは、健康のためにプラスになります。

老化防止にも水は大変重要です。

肌にしわがよるというのも実は水分不足
水を飲んでも体内にためておく機能が減るということですから、
普段から少しずつでもまめに水分を摂ることが必要です。

その時にベストなのが、軟水のミネラルウォーターです。