まずい水というと、今では水道水の事を指すことも多いようですが、
これはどうしても仕方のないことかもしれません


日本全国の水道水がまずいか?というと、実はそうではないのです。
水道水がおいしい地域もあり、まずいところもありますが、この差は、
水道水の原点である原水がキレイかどうかという部分にあります。

水道水は、原水というもので、水を取るところからがスタートです。
原水で、あまり汚染がなく、塩素などの入れることなく、
浄水処理の必要性があまりない場合の水道水はおいしいはずです。

しかし、川などが汚れていて、原水にたまった時点から
塩素の必要性がある場合まずい水になってしまう可能性があります。

また、一軒家で水道管の水をそのまま蛇口から出す場合と、
マンションなどの集合住宅で貯水タンクから水を蛇口に出す場合
タンク内の不純物が混じる可能性もあり、
集合住宅の場合まずい水になってしまう可能性もあります。

浄水場からの水道管のカビや不純物の混じり具合、
原水、タンクなどの途中通過点の問題で、
本来はそれほどまずい水ではないのにまずくなってしまった
ということも言えそうです。

住んでいる環境でどんな水を飲むかということは
水道水を使う場合は限定されてしまいます。

どうしてもまずい水は嫌という方は、まずい水をおいしい水に変えたり、
ミネラルウォーターにするなど工夫をすることです。