現在、普段水道の蛇口をひねる(現在は押す方が多いかも)と、
水道水が出ます

元をたどれば、原水と呼ばれる水源施設に貯めている水なのです

ダム、貯水湖などいろいろな表現はありますが、日本においては町が
あり人が住み、暮らしの中で水の果たす役割は即生命の維持という
重大なものです。

大昔の日本の水は川から、井戸水からという世界ではなくなっています。

原水を多く集める施設には、そのまま水が流れています。

いうなればその辺のみずたまり、近くを流れる川と同等のものですが、
もちろんその水を水道水としてそのまま飲むことは絶対に不可能
日本名水のような湧き水以外では、単なる泥水のようなものです。

原水をため、塩素を投入し、アンモニアやプランクトンの雑菌消毒
します。

そして、今度は本格的な浄水場と言われる施設に送りこまれ、
やはり塩素を入れたり、オゾン処理、生活活性炭処理など、
それぞれの地域による浄水処理を施し最終的な水質基準に達していたら
はじめて蛇口まで水道が届けられるのです。

これだけの浄水処理をしなければ、
おいしさよりも安全性を保つことができない水道水です。

日本においては、この浄水処理の研究も日々おこなわれていて、
昔に比べて東京のお水がおいしくなったという声も聞かれるように
なりました。

要するに、今の時代からは、
水道水の安全性をキープしつついかにおいしい水を蛇口に届けるか
ということも課題としてあります。